ドラマ

PR

ドラマ『女神の教室〜リーガル青春白書〜』の見逃し配信を無料視聴する方法!

2023年1月から放送されているドラマ『女神の教室〜リーガル青春白書〜』。

法律を身近に感じられる新しいカタチのリーガルドラマです!

  • 「女神の教室〜リーガル青春白書〜の見逃し配信を見たい!」
  • 「今すぐ視聴できる動画配信サイトを知りたい!」

と、ドラマの視聴方法を探しているあなたのために、この記事では『女神の教室〜リーガル青春白書〜』を視聴できるおすすめの動画配信サイトを紹介します。

たった3分で『女神の教室〜リーガル青春白書〜』が無料視聴できるサイトが分かる♪
この記事の結論!
FOD 女神の教室〜リーガル青春白書〜

ドラマ『女神の教室〜リーガル青春白書〜』はFOD(エフオーディー)、TVer、GYAO!で配信中です。

とくにおすすめの動画配信サイトは「FOD」!

1話から最新話までフル視聴できます。

今日から6月1日まで無料だよ!14日間無料で動画視聴

※この記事は2023年3月時点の情報です。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

ドラマ『女神の教室〜リーガル青春白書〜』の見逃し動画を無料視聴できる動画配信サイト

この記事の結論!

ドラマ『女神の教室〜リーガル青春白書〜』は「FOD」を利用すれば、すぐに全話視聴できます。

下記では『女神の教室〜リーガル青春白書〜』を視聴できる動画配信サイトをまとめました。

全話配信中
無料期間なし
100pt付与
最新話のみ
(期間限定)
登録不要
CMあり
最新話のみ
(期間限定)
登録不要
CMあり
配信なし
31日間無料
600pt付与
配信なし
2週間無料
ポイント付与なし
配信なし
無料期間なし
チケット付与
配信なし
2週間無料
ポイント付与なし
配信なし
30日間無料
ポイント付与なし
配信なし
31日間無料
ポイント付与なし
配信なし
2週間無料
ポイント付与なし
配信なし
無料期間なし
ポイント付与なし
全話配信中
無料期間なし
ポイント付与なし

『女神の教室〜リーガル青春白書〜』を第1話から最新話まで視聴するなら、FODがおすすめです。

「FOD」がおすすめな理由
  • ドラマ、バラエティ、アニメ、映画など80,000本以上の対象作品が見放題
  • フジテレビ作品が充実
  • FOD独占配信のアニメや海外ドラマも多い
  • 動画配信だけでなく170誌以上の雑誌が読み放題
FODでは新作もコインやポイントでレンタル可能♪
今日から6月1日まで無料だよ!14日間無料で動画視聴

FODでドラマ『女神の教室〜リーガル青春白書〜』を視聴する方法

FOD TOP画面
月額料金976円(税込)
無料お試し期間なし
特典100ポイント
(毎月登録日)
見放題作品数8万本以上
ダウンロード可能

FODでは、フジテレビ作品が見放題で、放送中の最新作から過去の名作まで8万本以上の作品が見られます。

さらに、動画配信だけでなく170誌以上の雑誌が読み放題なのもメリット。ドラマや映画にとどまらず、エンタメジャンルが好きな方にはうってつけの動画配信サイトといえるでしょう。

『女神の教室〜リーガル青春白書〜』はFODで1話から最新話まで全話視聴できます!

さらに、FODでは『女神の教室〜リーガル青春白書〜』の主演「北川景子」さんが出演している

  • 探偵の探偵
  • ファーストラヴ

も見放題で視聴可能です。

パソコン、スマホ、タブレット、テレビなど好きなデバイスで視聴できるよ!
今日から6月1日まで無料だよ!14日間無料で動画視聴

TVerでドラマ『女神の教室〜リーガル青春白書〜』を無料視聴する方法

TVerは民放公式のテレビポータルサイトです。

国内のドラマ、アニメ、バラエティなど約400番組以上を会員登録なしで無料視聴できます。

TVerで『女神の教室〜リーガル青春白書〜』を視聴する場合、無料で見られるのは最新話のみです。

無料視聴は次の話数が放送されるまでの7日間限定なため見逃さないよう気をつけましょう。

CMのスキップができないため、CMが気になる方や1話からドラマを見たい方はFODなどの動画配信サイトを選ぶとストレスなく楽しめます。

TVerでは過去の人気作品が期間限定で無料配信されることもあるよ!
登録不要で無料視聴できる!最新話を視聴する!

GYAO!でドラマ『女神の教室〜リーガル青春白書〜』を無料視聴する方法

GYAO!はヤフー株式会社が運営する無料配信動画サイトです。

配信期間中であれば人気のドラマやアニメ、映画や韓流、バラエティなどさまざまなジャンルの動画を無料で楽しめます。

GYAO!もTverと同様に、『女神の教室〜リーガル青春白書〜』を無料で見られるのは最新話のみです。

放送中ドラマの無料配信は最新話が放送されるまでの7日間限定なため、1話から見たい方はFODのような別の動画配信サイトも一緒に活用しましょう。

GYAO!でしか見られないオリジナル番組も配信中だよ!
登録不要で無料視聴できる!最新話を視聴する!

ドラマ『女神の教室〜リーガル青春白書〜』を動画共有サイトで視聴するのは危険

ドラマを見るときは違法動画共有サイトでの視聴はやめましょう

なぜなら普段見ているドラマや番組には制作に関わった出演者や原作者、脚本家、作詞家、作曲家、そして放送局や制作会社など多くの人たちの権利が含まれているからです。

無断で公開された動画共有サイトでドラマなど視聴しようとすると、画質が荒くて見づらかったり、ウイルスに感染したりする恐れもあります。

自分の身を守るためにも、大好きな作品の権利を守るためにも、犯罪の一助となるような行為は控えて、正規の動画配信サイトで楽しみましょう!

ドラマ『女神の教室〜リーガル青春白書〜』のあらすじ

https://www.youtube.com/watch?v=4O7tHIW8dTg
作品のあらすじ

北川景子さんが月9初主演作で新米教員役!
裁判官からロースクールに派遣された
新米教員が新風を巻き起こす!?
ロースクールのリアルな日常、
教員と学生たちの成長を描くリーガル青春群像劇!

第一話

「人を知らなければいい法律家にはなれない」をモットーにする東京地方裁判所の裁判官、柊木雫(北川景子)は、1つ1つの案件に時間をかけすぎて、日々の仕事を効率よくこなせないでいた。そんなある日、柊木は、裁判所所長からロースクールへ派遣教員として突然の勤務辞令を受ける。柊木は裁判官との兼務と思ったのだが、まさかの専任。それでも彼女はめげることなく、青南大学法科大学院、通称“青南ロー”へと赴いた。

教務主任の里崎健一郎(小堺一機)に案内され、学生たちに、「刑事訴訟法基礎」を担当することになったと紹介された柊木は、早速、前期期末の答案を返却する。しかし、一人一人の名前を呼んで返却する柊木は学生たちにいきなり不評。さらに、正解の答案にも赤字でびっしりとコメントを連ねていた柊木は、学生の照井雪乃(南沙良)や真中信太郎(高橋文哉)たちから、司法試験の対策には関係ないと言われてしまう。続いて行った講義でも、効率の悪い実務の話題に終始した柊木は、すっかり学生たちの反感を買ってしまった。

“青南ロー”で学生たちに人気の教員は藍井仁(山田裕貴)。柊木は学院長の守宮清正(及川光博)から、「彼は自主ゼミで司法試験合格者を輩出するエース教員だ」と知らされる。柊木は藍井の授業を見学するのだが、徹底的に無駄を省き、できの悪い学生は置いて行くような授業に疑問を持つ。そんな中、柊木は守宮に”歓迎会”に誘われる。しかしその場には、藍井の姿もあった。守宮は2人で実務演習を受け持ってもらいたいと告げる。だが、教育方針の違う2人は言い争いに。守宮は、実務演習で弁護側と検察側に分かれて、学生たちと模擬裁判をやってもらうので、そこでお互いに理想の教育をぶつけあってみては、と柊木と藍井に提案した。

おすすめ
第二話

青南ロー卒業後も司法試験合格を目指していた田辺浩(田村健太郎)が倒れて病院に運ばれた。柊木雫(北川景子)は桐矢純平(前田旺志郎)から田辺が藍井仁(山田裕貴)から酷いことを言われていたと聞き、藍井に事情を尋ねる。藍井から「受かる見込みのない学生に夢を与えても人生を台無しにするだけ」と告げられ、水沢拓磨(前田拳太郎)、天野向日葵(河村花)、桐矢ら成績下位の学生も田辺の二の舞になると言われ、柊木は反論する…。

次の日、柊木は学生たちに『志望動機書』を配り提出するよう伝えた。学生たちのことをもっと知りたいと考える柊木だったが、藍井に鼻で笑われる。そんな中で柊木が行う実務演習の課題は『銭湯』。タトゥーがある男性Xが銭湯の店主に入店を拒否され、それでも無理矢理入ろうとするXは店主に押され転倒して負傷。Xは店主に治療費と慰謝料合わせて1000万円の請求を求めた。柊木は学生たちにXの請求について検討するよう促す。そんな折、里崎健一郎(小堺一機)が向日葵の父を連れて来た。教室を出た向日葵は、父からその成績では司法試験は無理なので学校を辞めても良いと言われてしまう。

一方、Xの請求について話し合う生徒たち。照井雪乃(南沙良)や真中信太郎(高橋文哉)らほとんどの学生が妥当ではないと答える中、水沢が依頼を引き受けると言ったことで続きは翌週の授業に持ち込まれることに。
その日の授業終了後、柊木は学生たちから『志望動機書』を受け取るが、水沢はなりたい職業に『弱者を救う弁護士』と書き、桐矢は同項目に書いた文字を修正テープで消していた。また、向日葵はほぼ空欄で、好きな食べ物に『冷凍みかん』とだけ書いていて…

おすすめ
第三話

柊木雫(北川景子)は、刑事の風見颯(尾上松也)に話がしたいと呼びとめられた。風見は自身が担当した事件について、柊木の裁判官としての意見を聞きたいと言う。しかし、柊木は実際に裁判を見聞きしていないため軽はずみな見解は出来ないと断る。

その翌日、実務演習の講義で柊木が新たに学生たちに課した事案は「黙秘権」。郊外の森で男児A君の死体が発見され、森にはA君と男Xが並んで歩く足跡が残されていた—。証拠はそれだけで目撃者もなく犯行を認めるためにはXの証言が必要だが、黙秘権を行使されたら起訴出来たとしても無罪となる可能性が高い。

藍井仁(山田裕貴)が呆れる中、柊木は黙秘権について肯定派を真中信太郎(高橋文哉)、水沢拓磨(前田拳太郎)、天野向日葵(河村花)、否定派を照井雪乃(南沙良)、桐矢純平(前田旺志郎)に分けてディベートさせる。そのような中でも司法試験の勉強に一心な雪乃は「ディベートでは喋らない」と、ペアとなった桐矢を突き放す。

早速ディベートが開始されるも、肯定派の意見に桐矢は追い詰められる。その時、雪乃が口を開くも、黙秘権は行き過ぎた加害者擁護だと珍しく荒ぶった態度を見せる。その言葉は被害者の痛みを代弁するかのようで…。ジャッジを任された藍井は桐矢たち否定派の勝利を告げる一方で、雪乃の感情的な発言は弁論ではないと切り捨てる。柊木は次回の講義は否定派と肯定派を入れ替えてディベートをすると告げその日の講義は終了。講義後、柊木は加害者擁護に感情的な雪乃について藍井に相談するが…。

おすすめ
第四話

藍井仁(山田裕貴)のゼミ・通称“藍井塾”の選抜テストが、急遽予定より前倒しで実施されることに。藍井ゼミに何としてでも入りたい学生たちは、柊木雫(北川景子)の講義でも授業そっちのけでテスト対策に夢中になってしまう。柊木は藍井に「まったく授業にならない」と抗議するが、藍井は学院長の守宮清正(及川光博)からも了承を得ていると反論。照井雪乃(南沙良)に至っては、試験の勉強に集中するため実務演習の出席を辞退してしまった。

真中信太郎(高橋文哉)、桐矢純平(前田旺志郎)、水沢拓磨(前田拳太郎)、天野向日葵(河村花)らも選抜テストに備える中、藍井から雪乃が実務演習を辞めたと聞かされ動揺。柊木は学生たちの焦りを察しながらも、新たな事案を提出する。
今回柊木が学生たちに課すのは、民事事件に関する事案。とび職の一人親方Aが元請け業者の工務店B社から依頼を受けて仕事中、マンションの2階から転落してケガを負い、1ヶ月後に硬膜外出血を起こして急死。原因は転落事故だった。Aの妻は転落防止ネットの設置を怠ったB社に損害賠償請求したが拒否されている――。どのような結論が妥当か、次の授業までに検討するよう学生たちに指示した柊木。

そんな中、真中は久しぶりに会った学生時代の友人たちとの飲みの場で、一流企業に就職した彼らの近況を知る。選抜テストに集中したい真中だが、友人と自身の状況を比較して焦りを募らせる。さらに妹の美羽(山口まゆ)からは、真中自身が学生時代に就職活動で失敗した会社から内定をもらったと報告され…。
ついに選抜テスト当日。予想以上の問題数が出題される中、スラスラ問題を解く雪乃、そして考え込みながらも解き進める桐矢、水沢、向日葵たち。一方、真中は最近のイライラから問題に集中することが出来ないうちに時間が過ぎてしまい…。

おすすめ
第五話

柊木雫(北川景子)は藍井仁(山田裕貴)が実施したゼミ選抜テストの結果が気になっていたが、藍井は里崎健一郎(小堺一機)に翌週まで合格発表を延期すると報告。照井雪乃(南沙良)、真中信太郎(高橋文哉)、桐矢純平(前田旺志郎)、水沢拓磨(前田拳太郎)、天野向日葵(河村花)ら学生たちも発表の延期に疑問を抱いていた。

そんな中柊木は、真中に自宅の門にかかっていたという鳩のレプリカを見せられた。イタズラにしては悪質な出来事を、柊木は「何かの罪に問えるか」と学生たちに問う。すると水沢がバイト先のマンションにカラスの死骸が落ちていたことを思い出し、向日葵も自転車のサドルに鳥の糞がついていたこと、そして桐矢は郵便受けに複数の黒い折り鶴が入っていたことを明かす。些細ではあるものの鳥に関連した嫌がらせに疑問を持った柊木は、藍井にも学生たちの身の回りで起きたことを相談。しかし、誰にでも起こりうることが重なっただけだと取り合ってもらえない…。

イタズラについて考えながら学内の売店に向かった柊木はそこで雪乃に出会うが、痴漢被害に遭ったと話す女子学生の声に反応した雪乃は怯えてしゃがみ込む。過呼吸になる雪乃を落ち着かせるために背中をさすろうとする柊木。だが、雪乃はその手を払いのけてその場を去ってしまった。
学生たちに藍井ゼミ選抜テストの自己採点結果をリサーチして回る真中。そのさなか雪乃に会うとイタズラの件を話す。すると雪乃は、自身のカバンにも身に覚えのない鳥の写真が入っていたと明かす…。

おすすめ
第六話

柊木雫(北川景子)や照井雪乃(南沙良)、真中信太郎(高橋文哉)ら学生の身の回りで相次いで起こる鳥に関するいたずら。次第にエスカレートしていく中で、SNSには“crow(カラス)”というアカウント名で柊木と学生たちの写真が投稿された。柊木は風見颯(尾上松也)に相談するが、写真は肖像権の侵害にはあたらない程度のため警察は動けないという。風見がこの件で守宮清正(及川光博)と話をしていると、“crow”が青南ローと柊木が写った写真を新たに投稿。風見は“crow”=裁判官の法衣から、狙われているのは柊木だと推測。風見から連絡を受けた柊木の持ち物には、カラスの羽根が忍ばされていた…。

そんな中、藍井仁(山田裕貴)が担当するゼミの選考結果が発表された。合格者は例年の10人から5人に絞られたが、実務演習クラスからは雪乃、そして成績下位だった天野向日葵(河村花)が合格。しかし向日葵は、不合格となり落胆する真中らの姿を見て、自分が受かったことを申し訳なく感じていた…。一方真中は、自宅に桐矢純平(前田旺志郎)と水沢拓磨(前田拳太郎)を招いて反省会を開く。

翌日、“crow”は藍井ゼミの合格者発表の掲示を新たに投稿。構内の写真が投稿されたことで、実務演習クラスの学生たちは動揺してしまう。さらに柊木は“crow”の正体をつかんだと風見から連絡を受け…。

おすすめ
第七話

柊木雫(北川景子)への恨みから、実務演習を受講する学生たちや柊木にイタズラを繰り返していた津山邦彦(安井順平)が自ら命を絶った。刑事の風見颯(尾上松也)、照井雪乃(南沙良)、真中信太郎(高橋文哉)たち学生が見守る中、柊木と話し合った後は津山のイタズラは無くなっていたのだが…。

風見は柊木が津山にかけた言葉と自殺は関係ないと伝えるが、柊木は自らの教育に自信を無くし、藍井仁(山田裕貴)にしばらく実務演習の課題を考えて欲しいと頼む。守宮清正(及川光博)からもサポートを頼まれ、渋々引き受ける藍井。しかし、実務演習の教壇に立った藍井は課題を連ねた問題用紙を配って学生たちに解かせるだけだった。

そんな中、桐矢純平(前田旺志郎)は自らの進路について悩んでいた。その姿に気付いて声をかけた水沢拓磨(前田拳太郎)に、津山の件で将来に不安を感じてしまったと打ち明ける。心配になった水沢は雪乃に桐矢を励まして欲しいと頼むが、雪乃は雪乃で藍井ゼミでの成績に関して悩みを抱えていた。

落ち込んでいる柊木を訪ねて、安藤麻理恵(佐藤仁美)と横溝太一(宮野真守)が青南ローにやって来た。麻理恵と横溝に元気付けられる柊木。そこに藍井も現れ、実務演習で出した課題への学生たちの解答が酷すぎると採点を柊木に押しつける。早速柊木は答案の採点を始めるも、そこに桐矢の答案だけがなく…。

おすすめ
第八話

司法試験を受けた照井雪乃(南沙良)の合格発表当日、柊木雫(北川景子)が青南ローのテミス像に祈る中、真中信太郎(高橋文哉)、桐矢純平(前田旺志郎)、水沢拓磨(前田拳太郎)、天野向日葵(河村花)たちは我が事のように雪乃のもとへ駆けつける。5人が見守る中、ついに合格者が発表されて…。

そんな中柊木は、里崎健一郎(小堺一機)からある頼み事をされる。藍井仁(山田裕貴)が、司法試験合格に強みをもつ予備校に引き抜かれようとしているかどうかを探って欲しいと言うのだ。早速柊木は藍井に探りを入れるも、藍井は青南ローにいるのは報酬のためだとそっけない。さらに藍井は、勤労は国民の義務で柊木のように“良い法律家を育てたい”など夢や目標がある方が珍しいとまで吐き捨てる。

一方、真中は新社会人になった妹の美羽(山口まゆ)が一度のミスで仕事を干されてしまい、気力を失いそうになっていることを悩んでいた。真中から話を聞いた柊木は、もう一度美羽と話し合ってみた方が良いとアドバイスをする。

藍井の動向を探っていた柊木は、予備校の引き抜きに関して守宮清正(及川光博)にも相談を持ちかける。事情を聞いた守宮は、藍井と一席設けることに。柊木も守宮に頼まれて同席することになるが、待ち合わせた店に守宮は一行に現れない。仕方なく藍井と話し始める柊木だったが、仕事に対する考え方は相変わらず平行線をたどってしまい…。

おすすめ
第九話

柊木雫(北川景子)は、刑事の風見颯(尾上松也)が停職処分になったと聞いて電話をかける。風見は塾講師の松下隼人(渡部秀)を見張っていたところ、女子生徒をストーカーしていると勘違いされ通報されてしまったという。松下はかつて女子生徒へのわいせつ行為で訴えられたが、裁判中に被害者が自殺したこともあり証拠不十分で無罪判決に。納得のいかない風見は裁判の正当性を考察して欲しいと、かねてより柊木に頼んでいた。

風見が停職処分を受けたことは、照井雪乃(南沙良)、真中信太郎(高橋文哉)、桐矢純平(前田旺志郎)、水沢拓磨(前田挙太郎)、天野向日葵(河村花)ら学生たちの耳にも入り、柊木のもとへ駆けつけた。柊木は風見がストーカーと誤解されただけだと説明。そこで雪乃や真中たちは、松下の裁判を検討することに。

停職になってまで判決の出た事件を追い続ける風見を心配する柊木は、守宮清正(及川光博)にも風見がなぜ執着しているのかを相談。柊木たちへの嫌がらせを止めた津山邦彦(安井順平)に放った風見の言葉も気になっていた。2人の話を聞いていた藍井仁(山田裕貴)も、風見の行動に気になることがあるようで…。

ある日、柊木と藍井は松下の件について話すため風見と会うことに。無罪判決に間違いはないと切り出す柊木に藍井も同意するが、風見は松下を野放しに出来ないとかたくなだ。そんな風見に藍井はわけを尋ねると、風見は自身に起きた出来事を話し出す――。

おすすめ
第十話

柊木雫(北川景子)は 里崎健一郎(小堺一機)から藍井仁(山田裕貴)が刺されたと聞き、急いで搬送先の病院へと向かう。検査室の前には守宮清正(及川光博)がいて、藍井は一命を取り留めたが意識が戻らないという。さらに、藍井を刺したのは風見颯(尾上松也)だと聞いた柊木は衝撃を受ける。

青南ローに戻った柊木は、藍井の研究室でファイルを見つける。中にはプリントアウトされた学習塾のホームページがあり、講師として紹介されている松下隼人(渡部秀)の顔写真がマークされている。さらに自殺した津山邦彦(安井順平)が自分のSNSに最後にアップした病院の写真や、病室番号と風見栞(桜川博子)という名前が書かれたメモが残されていた。

柊木は藍井の研究室で見つけたファイルを横溝太一(宮野真守)に見せ、今回の件について相談する。風見は黙秘を貫くが、風見が襲おうとしたのは松下で、藍井はそれを止めようとして刺されたのではないかとのことだった。柊木は津山も自殺ではなかったのかもしれないと、風見の関与を疑い始める…。

風見が逮捕されたというニュースに照井雪乃(南沙良)、真中信太郎(高橋文哉)、桐矢純平(前田旺志郎)、水沢拓磨(前田拳太郎)、天野向日葵(河村花)たちも動揺。柊木は期末テストも迫っている学生たちを落ち着かせようとする。

そんな中、柊木は風見と接見することに。藍井の資料を見せ、本当は松下を刺そうとしたのではないか?津山は本当に自殺だったのかと聞くが答えはなく…。

おすすめ
第11話(最終話)

裁判官の柊木雫(北川景子)が青南大学法科大学院、通称青南ローに派遣されて初めて教えた学生たちは無事に卒業。そして柊木が藍井仁(山田裕貴)とともに受け持った実務演習を選択した照井雪乃(南沙良)、真中信太郎(高橋文哉)、水沢拓磨(前田拳太郎)、天野向日葵(河村花)は難関の司法試験を突破して法曹界へと歩み出していた。しかし、桐矢純平(前田旺志郎)だけは、まだ司法試験に挑戦中で…。

再度受けた司法試験の合格発表が近づく中、桐矢は青南ローでともに過ごした仲間たちの職場を訪ねる。しかし、弁護士になった水沢と真中、裁判官の雪乃、司法修習の向日葵と会うのだが、みんなそれぞれの職場で悩みを抱えていて、桐矢は自分のことを聞いてもらえる余裕はなさそうだとあきらめてしまう。

一方、柊木は守宮清正(及川光博)から、ある任務を与えられる。文科省の官僚との話し合いに行った守宮は法科大学院の存在意義を問われ、ロースクールにはロースクールの人材育成の役割があると答えた。しかし、その役割と具体的な成果を見せて欲しいと官僚に詰められる。そこで守宮は、柊木にも次回の法科大学院等特別委員会に出席しロースクールの意義を語って欲しいと言うのだ。

柊木は早速、安藤麻理恵(佐藤仁美)と横溝太一(宮野真守)に特別委員会で話すことを相談。すると2人は、「責任重大だ」「原稿料いくら?」とからかいながらも同期である柊木の背中を押すのだった。

おすすめ

ドラマ『女神の教室〜リーガル青春白書〜』の見どころ

『女神の教室〜リーガル青春白書〜』を見ようか迷ってる方はチェック!

法律の勉強になる

リーガルドラマでありながらロースクールを舞台にしてるところがおもしろいドラマ。司法試験に合格することがゴールになっている学生たちの意識を、主人公の柊木雫が教員としてやってきたことで、少しずつ変わっていきます。

人を守るための法律に、必ずしも守られるわけではない、そんなメッセージも伝わってきて、ドラマを楽しみながらとても勉強になります。

教え子との関係性

要領がよいとは言えないやり方の柊木が、自分の古巣でもある青南ロースクールの学生たちと真摯に向き合う姿が素敵です!学生の時は落ちこぼれだった柊木が裁判官になれたのは、大切な仲間たちがいたからだと思います。

法律の先には必ず人がいる、そんな当たり前のことが忘れられがちな法曹界。知識はもちろん必要で大切なものだけど、同じように大切なのが「人を思い法律を使うこと」だと教えてくれている気がします。

柊木が学生たちに出す実務演習の課題が、とても身近な内容なので、すんなりと法律のことが入ってきます。

及川光博さんの演技に注目

裁判官で現場を知っている柊木と、そうでない藍井仁のバチバチするシーンがこのドラマの見どころのひとつでもあると思います。司法試験のためだけに教えていた藍井が、柊木と対立しながらどう変化していくのか、その展開が楽しみです。

そんな化学変化を密に楽しみにしている学院長の守宮(及川光博)。守宮院長がなぜ裁判官の柊木をなぜ教員として呼び寄せたのか、その理由も気になります!

ドラマ『女神の教室〜リーガル青春白書〜』の見逃し動画を無料視聴できる動画配信サイトまとめ

ドラマ『女神の教室〜リーガル青春白書〜』を視聴できる動画配信サイトを紹介しました。

「1話から最新話まで追いかけたい」、「普段からドラマや映画を見るのが好き」という方はFODがおすすめです。

FODを利用することで、『女神の教室〜リーガル青春白書〜』を最新話までフル視聴できます。

早速、動画配信サイトに登録してドラマを最新話まで視聴しましょう!
今日から6月1日まで無料だよ!14日間無料で動画視聴

作品データ

カテゴリーから探す