ドラマ

PR

ドラマ『罠の戦争』の見逃し配信を無料視聴する方法!

2023年1月から放送されているドラマ『罠の戦争』。

権力者に立ち向かう鷲津の生き様に注目する作品です。

  • 「罠の戦争の見逃し配信を見たい!」
  • 「今すぐ視聴できる動画配信サイトを知りたい!」

と、ドラマの視聴方法を探しているあなたのために、この記事では『罠の戦争』を視聴できるおすすめの動画配信サイトを紹介します。

たった3分で『罠の戦争』が無料視聴できるサイトが分かる♪
この記事の結論!
FOD 罠の戦争

ドラマ『罠の戦争』はFOD(エフオーディー)、NETFLIX、TVer、GYAO!、U-NEXT、Amazonプライム・ビデオ、TELASA、dTVで配信中です。

とくにおすすめの動画配信サイトは「FOD」!

1話から最新話までフル視聴できます。

今日から6月1日まで無料だよ!14日間無料で動画視聴

※この記事は2023年3月時点の情報です。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

ドラマ『罠の戦争』の見逃し動画を無料視聴できる動画配信サイト

この記事の結論!

ドラマ『罠の戦争』は「FOD」を利用すれば、すぐに全話視聴できます。

下記では『罠の戦争』を視聴できる動画配信サイトをまとめました。

全話配信中
無料期間なし
100pt付与
全話配信中
無料期間なし
ポイント付与なし
最新話のみ
(期間限定)
登録不要
CMあり
最新話のみ
(期間限定)
登録不要
CMあり
有料レンタル
330円/話
31日間無料
600pt付与
有料レンタル
330円/話
30日間無料
ポイント付与なし
有料レンタル
330円/話
2週間無料
ポイント付与なし
有料レンタル
330円/話
31日間無料
ポイント付与なし
配信なし
2週間無料
ポイント付与なし
配信なし
無料期間なし
チケット付与
配信なし
2週間無料
ポイント付与なし
全話配信中
無料期間なし
ポイント付与なし

『罠の戦争』を第1話から最新話まで視聴するなら、FODがおすすめです。

「FOD」がおすすめな理由
  • ドラマ、バラエティ、アニメ、映画など80,000本以上の対象作品が見放題
  • フジテレビ作品が充実
  • FOD独占配信のアニメや海外ドラマも多い
  • 動画配信だけでなく170誌以上の雑誌が読み放題
FODでは新作もコインやポイントでレンタル可能♪
今日から6月1日まで無料だよ!14日間無料で動画視聴

FODでドラマ『罠の戦争』を視聴する方法

FOD TOP画面
月額料金976円(税込)
無料お試し期間なし
特典100ポイント
(毎月登録日)
見放題作品数8万本以上
ダウンロード可能

FODでは、フジテレビ作品が見放題で、放送中の最新作から過去の名作まで8万本以上の作品が見られます。

さらに、動画配信だけでなく170誌以上の雑誌が読み放題なのもメリット。ドラマや映画にとどまらず、エンタメジャンルが好きな方にはうってつけの動画配信サイトといえるでしょう。

『罠の戦争』はFODで1話から最新話まで全話視聴できます!

パソコン、スマホ、タブレット、テレビなど好きなデバイスで視聴できるよ!
今日から6月1日まで無料だよ!14日間無料で動画視聴

TVerでドラマ『罠の戦争』を無料視聴する方法

TVerは民放公式のテレビポータルサイトです。

国内のドラマ、アニメ、バラエティなど約400番組以上を会員登録なしで無料視聴できます。

TVerで『罠の戦争』を視聴する場合、無料で見られるのは最新話のみです。

無料視聴は次の話数が放送されるまでの7日間限定なため見逃さないよう気をつけましょう。

CMのスキップができないため、CMが気になる方や1話からドラマを見たい方はFODなどの動画配信サイトを選ぶとストレスなく楽しめます。

TVerでは過去の人気作品が期間限定で無料配信されることもあるよ!
登録不要で無料視聴できる!最新話を視聴する!

GYAO!でドラマ『罠の戦争』を無料視聴する方法

GYAO!はヤフー株式会社が運営する無料配信動画サイトです。

配信期間中であれば人気のドラマやアニメ、映画や韓流、バラエティなどさまざまなジャンルの動画を無料で楽しめます。

GYAO!もTverと同様に、『罠の戦争』を無料で見られるのは最新話のみです。

放送中ドラマの無料配信は最新話が放送されるまでの7日間限定なため、1話から見たい方はFODのような別の動画配信サイトも一緒に活用しましょう。

GYAO!でしか見られないオリジナル番組も配信中だよ!
登録不要で無料視聴できる!最新話を視聴する!

ドラマ『罠の戦争』を動画共有サイトで視聴するのは危険

ドラマを見るときは違法動画共有サイトでの視聴はやめましょう

なぜなら普段見ているドラマや番組には制作に関わった出演者や原作者、脚本家、作詞家、作曲家、そして放送局や制作会社など多くの人たちの権利が含まれているからです。

無断で公開された動画共有サイトでドラマなど視聴しようとすると、画質が荒くて見づらかったり、ウイルスに感染したりする恐れもあります。

自分の身を守るためにも、大好きな作品の権利を守るためにも、犯罪の一助となるような行為は控えて、正規の動画配信サイトで楽しみましょう!

ドラマ『罠の戦争』のあらすじ

https://www.youtube.com/watch?v=dp5zecxzA-k
作品のあらすじ

命をかけて尽くしてきた政治家に裏切られた

議員秘書、鷲津 亨
弱い者には弱いなりの闘い方がある

ある日、突きつけられたのは、息子が瀕死の重傷を負う事件、
そして“先生”からのその事件の“もみ消し”指示。
そして、思いもよらない「先生」の裏切りだった。
このまま全てを呑み込み、理不尽な要求を受け入れるのか?
常に冷静沈着、何があっても感情を表に出さない彼も
この時ばかりは怒りを抑えきれない。

これまで、仕事のためには自分を殺し、我慢を重ねるのが
当たり前だと思ってきた彼の中で、何かが大きく変わった。

権力を振りかざす連中から、その力を奪い取ってやる
弱者による強き権力者への復讐劇!
愛する家族を傷つけられた議員秘書が
知略を尽くして鮮やかな“罠”を仕掛け、
悪しき政治家を失脚させる
リベンジエンターテインメント!

第一話

衆議院議員・犬飼孝介(本田博太郎)の第一秘書を務める鷲津亨(草彅剛)は、20年前、路頭に迷っていた自分に手を差し伸べてくれた犬飼に恩義を感じ、以来、命がけで犬飼に尽くしてきた。

その犬飼は、付き合いの良さと得意の土下座、亨の献身的なサポートにより、与党・民政党の議員として内閣府特命担当大臣にまで上り詰めた男。しかし、女性を軽視した発言で世論の強い反発を招き、幹事長の鶴巻憲一(岸部一徳)や厚生労働大臣の鴨井ゆう子(片平なぎさ)、そして内閣総理大臣の竜崎始(高橋克典)からも、どこか冷ややかな目で見られている。さらに、亨の友人で二世議員の鷹野聡史(小澤征悦)によると、犬飼が大臣秘書官に任命した息子の俊介(玉城裕規)は、地元の建設会社から不正な金を受け取っているらしい。

そんななか、大臣就任後初の政治資金パーティーが行われ、会場には鶴巻や竜崎も姿を現す。さらに、不穏な動きを見せる青年・蛯沢眞人(杉野遥亮)も、招待客に紛れ込み、犬飼の様子をうかがっていて・・・。

亨が、政策秘書の虻川勝次(田口浩正)、私設秘書の蛍原梨恵(小野花梨)らと招待客の対応に追われていると、妻の可南子(井川遥)から、中学生の息子・泰生(白鳥晴都)がけがをして、意識不明の重体だと知らせが入る。何者かによって歩道橋から突き落とされたらしい。ショックでうろたえる可南子を安心させる亨だったが、大臣の失言が炎上して仕事に戻らざるを得なかった。

翌日、何らかの事件に巻き込まれた心配をする亨に、捜査を担当する刑事から事故の可能性を告げられる。さらには犬飼大臣から思いもよらない要求をつきつけられ・・・。

おすすめ
第二話

泰生(白鳥晴都)が歩道橋から突き落とされた事件をもみ消そうとする犬飼(本田博太郎)に、激しい怒りの炎を燃やす亨(草彅剛)は、息子の命を軽んじた犬飼を失脚させようと決意。私設秘書の梨恵(小野花梨)、新人秘書の眞人(杉野遥亮)の協力を得て、まずは大臣の懐刀である、政策秘書の虻川(田口浩正)を排除する作戦に打って出る。

女性秘書に対するパワハラ、釈明会見での原稿ミスと、犬飼のイメージを失墜させるミスを立て続けに起こした虻川だったが、それでも地位は盤石。亨によれば、虻川は事務所の金庫番で、犬飼も知らない金の流れをすべて把握しているため、うかつにクビにはできないという。亨は、虻川の生命線ともいえる裏帳簿を何とかして手に入れようと画策。その思惑に気づかれないよう、眞人には虻川の動きを見張ってほしいと頼む。

翌日、眞人は仕事を教わる名目で、朝から虻川と一緒に犬飼の地元へ。亨に言われた通り、犬飼失脚のため、虻川の行動に目を光らせるが、そこには、今は亡き大切な家族への思いが秘められていた――。

一方の虻川は、亨が自分を陥れようとしていることをすでに察知していた。そして、亨が雑誌記者の熊谷由貴(宮澤エマ)と手を組み、犬飼の息子・俊介(玉城裕規)の不正を暴こうとしていることを知った虻川は…。

おすすめ
第三話

鷹野(小澤征悦)の調べによると、泰生(白鳥晴都)の一件は当初、事件として捜査されていたが、何者かの圧力により事故扱いになったという。そのうえ、バスの中で老女に席を譲るよう泰生に促された男が、泰生を追うようにしてバスを降りたことが分かる。

永田町では、亨(草彅剛)が虻川(田口浩正)に変わって政策秘書へと昇進し、一方で、民政党幹事長の鶴巻(岸部一徳)が、幹部たちを集めて次の総選挙が早まりそうだと通達していた。鷹野からその話を聞いた亨は、犬飼からすべてを奪うチャンスがきたと奮い立ち、犬飼の政治生命を絶つために必要な材料を集めようと、虻川の裏帳簿のコピーを調べ始める。すると、事務所資金が俊介(玉城裕規)のために私的流用されていることが判明。お坊ちゃん気質なうえに気が短い俊介は、逆上してあちこちで暴力沙汰を起こし、そのたびに示談金を支払って解決していたのだ。

俊介が逆恨みで暴力を振るったことを知った亨は、すぐさま泰生の事件を思い出し、その脳裏には、ある疑惑が。そこで、毎日犬飼と行動をともにし、ときに犬飼と俊介の親子げんかに巻き込まれて閉口している運転手の牛尾(矢柴俊博)に目をつけ、事件当日の犬飼親子の様子を聞き出そうとするが…。

おすすめ
第四話

「権力をふりかざす奴と闘いたいなら、お前も力を持て」――。鷹野(小澤征悦)から、次の総選挙で犬飼(本田博太郎)の地盤を継いで出馬するよう打診された鷲津(草彅剛)。鶴巻(岸部一徳)からも党の公認を約束されるが、肝心の選挙資金が足りない。鶴巻と鷹野は、地元の有力者で後援会長の鰐淵益男(六平直政)を味方につけるよう助言するが、当の鰐淵は犬飼との関係が深く、地盤を継ぐのは犬飼の息子・俊介(玉城裕規)だと考えていた。さらに、個人的にも犬飼に何やら借りがあるようで…。

鷲津家では、可南子(井川遥)が鷲津の出馬に反対していた。鷲津自身も降って湧いたような話に戸惑い、眞人(杉野遥亮)と梨恵(小野花梨)に議員になりたいわけではないと伝える。一方で、泰生(白鳥晴都)の一件で犬飼をホテルに呼び出したという人物に心当たりがあることから、選挙を口実に、その人物に近づこうと考える。

後日、鷲津は早速、鰐淵の元を訪ねるが、案の定、恩知らずとののしられて取り付く島もない。実は、地盤を奪われることに危機感を覚えた俊介が、鷲津を陥れるために悪いうわさを吹き込んでいたのだ。一筋縄ではいかないことを悟った鷲津は、相手の弱みを探すべく、梨恵に鰐淵に関する資料を集めてほしい依頼。後日、敵の懐に入り込むべく、可南子が鰐淵家を訪ねることになるが、呼び鈴を鳴らすと、中から突然、女性の悲鳴が聞こえて…。

おすすめ
第五話

泰生(白鳥晴都)を突き落とした犯人を明らかにするため、正式に出馬を決めた鷲津(草彅剛)だったが、その矢先、対立候補として人気フリージャーナリストの有馬保奈美が出馬すると聞かされる。保奈美は記者として前内閣を解散に追い込んだ、いわば現竜崎内閣誕生の立役者であり、総理の竜崎(高橋克典)とも親しい間柄。無所属で出馬するというが、背後に竜崎がいることは明白だった。鶴巻(岸部一徳)は、突如現れた刺客にいまいましそうな表情を浮かべ、鶴巻派の議員の頭数を減らそうとする竜崎の差し金だと眉をひそめるが、鷲津は、竜崎が何らかの理由で自分を永田町から排除しようとしているのではないかと考えをめぐらせる。

選挙ポスターの撮影に選挙事務所の設営と、公示を前に本格的な準備が始まると、可南子(井川遥)も事務所に顔を出すように。梨恵(小野花梨)と眞人(杉野遥亮)、そして貝沼(坂口涼太郎)も、これから始まる選挙戦に向けてせわしなく動き回るが、そんななか、早速、有馬陣営から嫌がらせともいえる仕打ちが。さらに、竜崎によって頼みの応援演説の日程も次々と変えられてしまい、鷲津陣営は苦しいスタートを切ることになり…。

おすすめ
第六話

激しい選挙戦を制し、晴れて代議士となった鷲津(草彅剛)は、泰生(白鳥晴都)の事件の隠ぺいを指示した人物が鶴巻(岸部一徳)だと知り、がく然とする。それでも、強敵相手にひるむどころか何とかして本人から真実を聞き出したい鷲津は、鶴巻のある秘密を突き止めるため、梨恵(小野花梨)と眞人(杉野遥亮)に協力をあおぐ。実は永田町では、鶴巻に関するあるうわさが、まことしやかにささやかれていたのだ――。

毎月第2・第4月曜、この2日間だけは何があっても予定を入れない鶴巻は、必ず5時ちょうどに党本部を出て行くという。どこで誰と何をしているのか――。鷲津は鶴巻の弱みを握るべく、行き先を突き止めようと動き出す。鶴巻に近い鷹野(小澤征悦)からも、それとなく情報を聞き出そうとするが、反対に「幹事長には手を出すな」と猛反対されてしまう。

その頃、犬飼(本多博太郎)が失脚したことで亡き兄の復讐(ふくしゅう)を果たしたはずの眞人は、鷲津から秘書を辞めて植物の研究に戻りたいなら相談に乗ると言われ、心が揺れる。眞人の迷いを知り、彼が自分と同じように鷲津に恩義を感じていることを悟った梨恵は、鷲津こそが兄の陳情をほごにした張本人であると知ったら、眞人はどうするのだろうと不安を募らせる。そして、人知れず抱えてしまった秘密について、あることを決意して…。

おすすめ
第七話

鶴巻(岸部一徳)を厄介払いしたい竜崎(高橋克典)の計らいで、幹事長室付近の監視カメラの映像を見ることに成功した鷲津(草彅剛)。そこには、泰生(白鳥晴都)が転落した日の夜遅く、幹事長室に駆け込む鴨井(片平なぎさ)の姿が映っていた。

険しい表情で鴨井の執務室を訪れた鷲津は、泰生を突き落とした犯人が誰なのか、鴨井を問い詰める。そして、鷲津のある言葉に一瞬顔色を変えるも、何とかその場を取り繕おうとする鴨井の姿に、鷲津は犯人が誰なのか確信する。しかし、弱者の支援に力を入れる鴨井を心から尊敬している可南子(井川遥)には、本当のことを言い出せない。

眞人(杉野遥亮)に対しても、兄の陳情をないがしろにしたのは他でもない自分だと打ち明けられずにいる鷲津は、どこか罪滅ぼしの気持ちもあり、今のうちに国会議員の立場を最大限利用して、できるだけ多くの困っている人たちを助けようと考えていた。そうとは知らない眞人は、すべての陳情に対応しようと身を粉にして働く鷲津の姿を見て、研究の道へ戻るより、秘書として鷲津を支えていく道を選ぶ。そして、梨恵(小野花梨)とともに、ある人物の家を訪ねて…。

おすすめ
第八話

泰生(白鳥晴都)の事件の真相を書いた由貴(宮澤エマ)の記事は、鶴巻(岸部一徳)によって握りつぶされた。鴨井(片平なぎさ)の地位をおびやかす鷲津(草彅剛)の行動をこれ以上見過ごせないと判断した鶴巻は、鷲津を永田町から排除するよう鷹野(小澤征悦)に命じる。

一方の鷲津もまた、鶴巻が本気で自分をつぶしにくると覚悟を決めていた。そうなる前に、何とかして鶴巻の権力を奪うだけのネタを手にしたい――そう考えていると、鶴巻が国内最大手のIT企業と特別な関係にあることをにおわせる一通のメールが届く。しかし、その差出人の名前を盗み見た眞人(杉野遥亮)はみるみる表情を曇らせて…。

その頃、政権交代をもくろむ鶴巻が、自らの息がかかった鴨井を日本初の女性総理にしようと暗躍していた。そのことに気分を害した竜崎(高橋克典)は、鶴巻をけん制するため、泰生の事件を表沙汰にしようとする鷲津をバックアップするある動きを見せる。すると、事件は瞬く間に世間の注目の的となり、可南子(井川遥)の元にも多くのマスコミが押し寄せる。すると、ある人物がその様子を離れた場所から見つめていて…。

おすすめ
第九話

鴨井(片平なぎさ)が、泰生(白鳥晴都)を転落させたのは息子の文哉(味方良介)だと公表し、議員を辞職。名前こそ出さなかったものの、鶴巻(岸部一徳)が警察に圧力をかけたことをにおわせたため、永田町には激震が走り、対応に追われる鶴巻派は大混乱。鷲津(草彅剛)を追い詰めた矢先、鴨井に足元をすくわれる形となった鶴巻は、思わぬ事態に苦々しい表情を浮かべる。

幹事長をつぶすなら今しかない――。鶴巻が事件の隠ぺいに関与していたことを裏づけ、追いうちをかけたい鷲津は、鶴巻が口封じに更迭させたと思われる事件の管轄署の元署長・辰吉から証言をとるべく、その行方を追う。一方、世論の反発が高まったことを受け、クリーンな政治を印象づけたい竜崎(高橋克典)は、一連の疑惑を徹底的に調査すると報道陣の前で明言。事実上、総理が味方になったといっても過言ではない状況に、追い風を受けた鷲津は…。

おすすめ
第十話

内閣総理大臣補佐官に抜てきされた鷲津(草彅剛)は、総理のお墨付き議員として躍進するが、ある日、週刊誌に政治資金規正法違反の疑いを取りざたされ、流れは一変。政界内には怪文書が出回り、立場が危うくなる。鷲津は、幹事長を退いた鶴巻(岸部一徳)の仕業だとにらみ、虻川(田口浩正)が鶴巻の私設秘書として永田町に戻ってきたことにも一抹の不安を覚える。しかし、竜崎(高橋克典)のある一言で、いつの間にか芽生えた政治家としての野心に火がつき、今度こそ鶴巻を完全に排除すると竜崎に宣言する。

後日、由貴(宮澤エマ)が鷲津の留守中に事務所へやって来て、鷲津に頼まれたあるものを置いて帰る。権力を使って記事をつぶされて以来、由貴は鷲津への信頼を失っていたが、ある思いから協力する気になったらしい。しかしそれは、ある人物の差し金だった――!

鶴巻の不正を暴くことに躍起になる鷲津は、次第に代議士としての本来の職務をおろそかにするようになり、貝沼(坂口涼太郎)は愚痴をこぼす。梨恵(小野花梨)や眞人(杉野遥亮)もまた、怪文書の一件で、誰が事務所の内情をもらしたのか疑心暗鬼になっていた。そして可南子(井川遥)も、多忙を理由に家庭を顧みず、人が変わったかのような夫に複雑な思いを抱いていて…。

おすすめ

ドラマ『罠の戦争』の見どころ

『罠の戦争』を見ようか迷ってる方はチェック!

権力者に立ち向かうストーリー

秘書である鷲津亨が、自分の子供を突き落とされ意識不明の重体に陥っているにも関わらず、その事件の犯人を隠蔽工作する権力者に立ち向かうストーリーは見応え抜群です。

これまでは政治家に対して歯向かうことなく生きてきた鷲津の復讐劇が、このドラマ一番の見せ場になっているのは間違いないです。抜け目のない政策秘書・虻川、ずる賢い大臣・犬飼の2人を破滅させるために鷲津が考え出した筋書きというのが興味深いものになっています。

鷲津と鷹野

登場人物では鷲津の親友の衆議院議員・鷹野がなかなかの曲者です。普段は鷲津とフレンドリーに会話をしており鷲津の息子が突き落とされた事件に関しても事情を調べてくれたりする1面も見せます。

温厚な雰囲気で鷲津のことを思いやっている面も見せますが、鷲津を自分のメリットのために使ってやろうという部分も見せており、いずれ鷲津が鷹野に対して敵意を向ける日が来るのかとも予想しています。

鷲津を演じる草彅剛のクールさを前面にだしながらも、ここぞという場面での熱い演技にも注目してもらいたいです。

ドラマ『罠の戦争』の見逃し動画を無料視聴できる動画配信サイトまとめ

ドラマ『罠の戦争』を視聴できる動画配信サイトを紹介しました。

「1話から最新話まで追いかけたい」、「普段からドラマや映画を見るのが好き」という方はFODがおすすめです。

FODを利用することで、『罠の戦争』を最新話までフル視聴できます。

早速、動画配信サイトに登録してドラマを最新話まで視聴しましょう!
今日から6月1日まで無料だよ!14日間無料で動画視聴

作品データ

カテゴリーから探す